ジオドレーン工法

環境に優しいプラスチックボードドレーン工法

ジオドレーン工法は軟弱地盤中に人工の鉛直ドレーンを打設し、水平ドレーンと組合せることで一体としてドレーン機能を果たし圧密促進する工法です。由来のペーパードレーン工法の一種でサンドマットを使用せずに、環境に優しい工法です。

ジオドレーン工法の概要図

工法の特長

  • 水平方向の合理的な配置
  • 地球環境に優しい
  • サンドマットと比較して経済的

打設手順

  • 鉛直ドレーン工
①アンカープレート取付 ②位置決め
③打設完了 ④打設完了(深度確認)
  • 水平ドレーン工

水平ドレーンは軽量なので、人力で簡単に施工できます。

水平ドレーンを引く状況 鉛直ドレーンとの接続(簡単にホッチキスで接続する)
水平ドレーン敷設完成 水平ドレーン敷設完成

ジオドレーンSPD工法

大気圧を利用したプラスチックボードドレーン工法

ジオドレーンSPD工法は真空圧密工法の一種で、地盤をシートで覆い真空ポンプによりシート下を真空状態にし、地盤内の水を排出し、圧密促進を図る工法です。

ジオドレーンSPD工法の概要図

工法の特長

  • 高真空により圧密促進
  • すべり破壊が発生しない
  • 環境に配慮した材料も適用可能
  • 工費・工期の短縮
  • 合理的な計測管理
盛土載荷工法(従来の工法) ジオドレーンSPD工法
概念図
特長
  • 盛土荷重が深度方向に分散
  • すべり破壊の危険性
  • 側方流動による周辺部への影響
  • すべり破壊が発生しない
  • 周辺部が改良方向に引き込まれる
  • 環境に優しい(盛土不要、生分解性ドレーン材)
設計 荷重 載荷盛土 真空圧(60~70kpa)、盛土併用も可
圧密時間 バロン式 同左
沈下 Mv法、e-logP法、Cc法 同左
施工 荷重 載荷盛土 原則として不要
設備 盛土搬入・搬出(路) 配管、シート、真空設備
管理 盛土安定管理、沈下量管理 真空圧管理、沈下量管理

施工適用例

  • 載荷盛土の代替え
  • 地盤改良の急速施工
  • 廃棄物処分場の減容化
  • 土留め計画の改善

素材

鉛直ドレーン 水平ドレーン
保護シート・大気圧シート 水平材接続治具

管理システム

施工実績

ジオドレーンMSD工法

ジオドレーンMSD工法は真空圧密工法の一種です。地盤地表部(不透気層)を利用して大気圧シートの代替とする事で、大気圧シートを用いずに地盤に真空を作用させ圧密促進を図る工法です。
使用する鉛直ドレーン材は地盤地表部にあたる部分を不透気加工していますが、通常の打設機で打設可能です。鉛直ドレーン材を直接集水管に接続することで、効率的な真空圧の作用が期待できます。
シート施工が困難な水辺や水面以下の軟弱地盤へ対応可能です。
大気圧シート不要により産廃の削減が期待でき、環境に優しい工法です。